弊社では昭和63年より環境に優しい紛体塗料、塗装の普及を目的に施行・販売に力を注いで参りました。おかげさまをもちまして全国的にも粉体塗料の出荷量は今までの溶剤型と料に比べ飛躍的な成長を遂げて参りました。
1回の塗装膜厚は溶剤塗装が10~30μmなのに対し、粉体塗装では40~200μmの膜厚が可能で、粉体塗装による完成塗膜は、塗料に使用される樹脂の特性により、高膜厚で優れた塗膜強度、耐食性、耐候性、耐化学薬品性を有しています。
無溶剤で、塗料の自体が粉末であるためリサイクル・合理化が図れ、環境対応型塗料(VOC)として注目を浴びています。
粉体塗料は、インテリアなどデリケートな塗装製品から、高耐候性の屋外用までその汎用性も広く、今後の塗料素材の主流と言われております。